レバノンの英字新聞が一面を黒塗りで発行!

中日新聞が報じていましたが、レバノンの英字新聞「Daily Star」が8日発行の第一面を黒塗りで発行した。「黒塗り」という見出しで私は即「外国でも、日本の情報公開の際に、まずいことには黒塗りをするという卑劣な手段があるんだ」と思ったのですが、これは違いました。講義の意味だったのです。記事によると「宗派対立で停滞する政治や、財政危機などに警鐘を鳴らす狙いであったということです。画像のように、一面は国名だけ。他の面も、例えば「25%の失業率」「一千億ドルに迫る公的債務」「150万人以上の難民」「道端にあふれるごみ」などの見出しだけであったという。編集者は政治家だけではなく、国民にショックを与える必要を感じたそうである。

昨年五月に総選挙が行われたあとも、今年一月になってやっとのことで挙国一致内閣が発足したというものの、6月末には国務相の側近二人が銃撃で死亡するなど不安定な状況が続いている。新聞は宗教対立が背景にあるとしているが、レバノンの場合は宗教対立だけではなく、ヒズボラの存在やシリアとの関係などの政治的な諸問題もあって複雑な問題を抱えている国である。私が子供のころのベイルートは中東のパリなどと呼ばれたハイカラな都市であった。

0