イスラエルのガザ攻撃(現在のパレスチナ問題)

ハマスを撲滅するという旗を掲げたイスラエルのガザへの攻撃は続いています。数多くの民間人や子供たちも殺害されてきました。先日の学校への攻撃に対しても、イスラエルはその校舎にいたハマスの連中を狙ったものであったと開き直る有様です。理由はなんであれ、戦争によって多くの人々が傷つき、死んでいく有様は見たくありません。こういうことが継続するとユダヤ人に対する憎しみが増幅されてしまうのではないでしょうか。アメリカでは大学生たちがバイデン政権のイスラエル支援に「ノー」という意思表示をし、その動きは世界中に広がりつつあります。そうなるとイスラエル寄りの社会からはハマスに対する非難も高まります。戦争は一方が負けるまで終わらないものなのでしょう。このような戦争を引き起こしているパレスチナ紛争、パレスチナ問題とはどのようなものなのでしょうか。

パレスチナ問題についてはこのブログの中でも随分前に書いています。それらについては、このブログの中で「パレスチナ問題の復習」という語句で検索すれば4回分が出てきます。それを読んでいただければ幸いです。私たちの世代、つまりは高齢者の場合、パレスチナ紛争についてはある程度の知識は持っているように思います。なぜかというと若い時代に中東戦争があったからです。中東戦争は第一次から第4次と繰り返された戦争でして、特に第4次が1973年のオイルショック(第一次石油危機)を引き起こしたのです。ゆえに、その戦争に至る経緯、歴史がある程度、情報、知識として頭に入っているのです。詳しいことは覚えていないかもしれませんが。では、現在の高校の世界史教科書では、どれくらい記述されているのでしょうか。ちょっと覗いて見ましょう。

山川出版社『詳説 世界史』の298頁をピックアップしてみます。
アラブ地域では、アラビア半島においてかつての王国の再興をみざすイブン=サウードが、イギリスと同盟を結びながら、ワッハーブ派の勢力を率いて頭角を現した。彼は大戦中からアラブ独立運動を指導してきたヒジャーズ王国のフセインを破り、半島の大部分を統一して1932年にサウジ=アラビア王国を建てた。まもなく国内で莫大な石油資源が発見されると、同国の戦略的な重要性は著しく高まった。
大戦の開始とともにイギリスの保護国となっていたエジプトでは、戦後に全国的な反英独立運動がおこり(1919年革命)、1922年にイギリスは条件付きの独立を認めて、立憲君主制のエジプト王国が成立した。しかしイギリスはスエズ運河の支配権など多くの特権を維持したので、エジプト人による抗議が続いた。
またイラクはイギリスの、シリアはフランスの委任統治下に置かれたのち、それぞれ独立を達成していった。しかし、それらの国境線は列強の思惑によって定められたものであり、アラブ地域はいくつもの国境線で分断されることになった。
もっとも大きな矛盾が生じたのはパレスチナである。イギリスは大戦中、1915年のフセイン・マクマホン協定によってアラブ人にオスマン帝国からの独立を約束する一方、17年のバルフォア宣言ではパレスチナへの復帰をめざすユダヤ人のシオニズム運動を支援する姿勢を示し、双方から協力を得ようとした。こうしたあい反する約束に加えて、大戦後にパレスチナはイギリスの委任統治領となったため、アラブ・ユダヤの両民族はそれぞれの権利を主張して対立し、現在まで続く深刻なパレスチナ問題が生まれることになった。

この程度、教科書の1頁にも満たない程度の記述でパレスチナ問題の経緯が述べられています。勿論、他の部分でも関連する事項は書かれているのですが、薄っぺらい内容でしかありません。世界の歴史なので教科書1冊に入れるとしたらこの位が限度なのでしょうね。こうしている間にも、先日はハマスに捉えられていた人質の4人をイスラエルが救出したと報じられました。その救出に伴ってパレスチナ側の200人以上が殺されたとハマス側は発表しています。ハマスの報道がすべて真実であるとは思いませんが、胸が痛みます。イスラエルの国防相がネタニエフの方針に反対して辞任したとのこと。彼の辞任によってイスラエル側の攻撃はますます激しくなるという見方もでています。今日、岸田首相がG7サミットのためにイタリアに出発します。世界を代表する国の首脳が集まっても何も解決できる期待はありません。みんな自分の国が大変なことになっています。いったい世界はどうなっているのでしょう。

砂糖とコーヒーからみる世界の歴史

前回世界史の教科書のことを書いたた。早速ですが教科書の最初の部分に上の地図が掲載されていたので、今回はそれを紹介する。タイトルは「砂糖とコーヒーからみる世界の歴史」。砂糖は1世紀頃にはインドのベンガル地方で生産が始まっていたとのこと。それが西方に伝わり、7世紀初めのササン朝時代にはイラン・イラク地方でサトウキビの栽培が行われていた。さらに9世紀にはシリア・エジプト地方で栽培され、15世紀にはポルトガルとスペインがサトウキビの栽培を始め、大西洋世界での砂糖生産のきっかけとなった。インドから大西洋世界に伝わるのに長い時がかかっていることがわかる。一方、東方側では沖縄に伝わったのが17世紀であるとのこと。これをみると中東地域は砂糖に関しては先進国であったわけだ。エジプトやシリアの砂糖は十字軍やイタリア商人の手によってヨーロッパへと伝わった。アメリカ大陸にはコロンブスの2回目の航海のときにサトウキビの苗を持って行った。そしてカリブ海諸島やブラジルを中心に多くの黒人奴隷を用いた大規模な砂糖プランテーションが開始された。そして世界各地での砂糖の名前は次の通りである。語源は同じのようである。砂糖は甘味料としてだけではなく、薬などとしても使用されたことが記されている。

次はコーヒーである。コーヒーを飲む習慣は15世頃に現在のイェメンのモカで始まった。そうモカコーヒーということで有名なコーヒーの産地である。オスマン帝国に伝わり、コーヒー店が人気を博した。ところがコーヒーを飲みに人が集まると、話が弾む、それがいつの間にか支配者の批判につながることなどがあったという。そこで為政者はコーヒー店を禁止にしたこともあるということを以前読んだ本の中に書いてあった。この教科書にはそのようなことは書いていない。コーヒーのペルシア語、アラビア語は Ghahvve(ガッフェブ)である。これもcoffeeの語源であろう。さて、それで今日はこれまでにして美味しいコーヒーでも飲むことにしよう。

 

高校教科書:詳説「世界史」山川出版

高校で習う世界史の教科書を買いました。在職中は世界史の入試問題を作成していたこともあったので、複数の教科書を入手して問題を吟味していました。退職後は世界史の教科書に触れることもありませんでした。退職して13年にもなるので、最近の世界史の教科書を今一度読んでみようと思うに至りました。時代が変われば歴史的事実の解釈も異なってくるでしょう。このブログに関して言えば、今の教科書で扱われているイスラム関連のスペースは、私の高校時代よりも多くなっているでしょう。そんなこともあり、今後しばらくはこの教科書を読んでいき、このブログを書くためのヒントが得られればと思っています。

ところで、教科書を入手する方法に戸惑いました。アマゾンで見ると世界史の教科書ガイドというのは沢山でています。たまに、教科書そのものが出ている場合がありますが、数千円という価格がついてました。メルカリを見ると、多くはありませんが出ていました。ご自身が使用したもの、いわゆる中古品ですね。それでもよかったのですが、線引きされてたり、マーカーで色付けされているのが多かったです。中古品の割には価格も安くはないと思う金額でした。色々調べていると各都道府県には教科書を取り扱う所があるということが分かりました。地元の県の供給団体のホームページは一般人への販売を念頭に置いているようではありませんでしたが、某県のそこはオンラインで買えるようになっていました。リーゾナブルな価格でした。送料も200円と妥当でした。裏表紙をみると価格は0円となっていました。消費税はつかないということも初めて知りました。話は逸れてしまいましたが、皆様も教科書を入手したいときには是非とも参考にして頂ければと思い、記した次第です。しばらく怠けていましたが、今後のブログにご期待下さい。

 

アラビア文字(数字)の時計

久しぶりの投稿になります。実は3月下旬に思いがけずにコロナに感染して様々な予定が狂いました。このブログの投稿が途絶えたのもそのせいだとしておきましょう。最近、画像の時計をゲットしました。文字盤の数字が「アラビア数字」です。普段われわれが使っている数字をアラビア数字と呼んでいますが、実はこれが本当の「アラビア数字」なのです。日本のセイコーの時計です。クウエートで販売されていたものとのことです。中東地域では金々ピカピカが好まれるので、このバンドも金ピカでした。それを黒の革バンドに替えました。写真では金ピカも銀色っぽく見えます。黒革も紺色っぽく写っていますが。

他人の時計の文字盤など誰も気にしないでしょうが、ちょっと珍しいので話のタネにでもなるでしょう。ちなみに個々の数字を我々の数字と比べてみると、どうやら共通しているようです。2と3はアラビア文字を横転させたようですね。伝播の過程で色々な変化が生じたのでしょうね。それではまた。

クルド人作家の『イスタンブル、イスタンブル』

前回は1月初めに「しばらく遠ざかっていたブログだが、新年になったので、再びこまめに書き始めよう」と意思表示したのであったが、何も書かずに2月下旬になってしまった。パレスチナの戦争や、ウクライナの戦争も停戦からほど遠い状態が続いているせいかもしれない。重い腰を上げて、今回はいま遅々と読んでいる本を紹介しようと思う。

ブルハン・ソンメズ著『イスタンブル・イスタンブル』である。新聞の書評によると、トルコの大作家であるという。クルド人であるとのこと。クルド人の作品は読んだことがないので、すぐに買い求めたのである。彼自身クルド人として弾圧を受け、人権弁護士として反政府活動に身を投じたとのこと。その結果、英国に亡命ということである。

クルド問題はパレスチナ問題と同等に大きな問題でありつづけてきた。クルド人はトルコ、イラク、イランの3つの国に居住した大きな民族である。でもそうではない。クルド人の土地(クルディスタン)に3つの国が国境線を引いた結果、クルディスタンが3つの国に分断されたのである。分断されたクルド人がそれぞれの国の政府と対立を繰り返して今に至った。第一次世界大戦後にはセーブル条約によってクルド人の国ができようとしていた歴史もある。・・・・ごちゃごちゃ言うのはやめておこう。話はこの本のことである。牢獄の中を舞台にして囚われた人々の会話が続いている。重苦しい内容であるが、あまり前に読み進めない。今私が言える感想はそれしかない。今日のような天気の良い、穏やかな日には読む気になれない。かと言って、昨日のような嵐のような風が吹いて寒い日にも、この本を手に取る気にはならなかった。でも、虐げられた人々の声を中東専門家として聞く、知ることは当然やらねばなりません。少し時間がかかるかもしれませんが、読み終えるつもりです。

2024年正月

dav

皆様、新年おめでとうございます。上の画像は元旦に書き初めのつもりでペルシア語で「新年(さーれ のう)おめでとう(もばーらく)」と書きました。ナスタアリーク書体なので滑らかに優しく書きました。
元旦は暖かく快晴でいい日でしたと言えるような日であったのですが、午後になり大きな地震が起きました。ここ愛知県でもかなりの揺れで驚きました。すぐにテレビをつけて見ると震源は能登地方で震度7、大津波警報が発令される事態でした。それ以後、正月気分は吹っ飛んでしまって、今日現在(7日)までに死者は120人程、行方不明者も200人程いるとのことで本当に悲しい災害になりました。被災者の方々には心よりお見舞い申し上げます。

翌2日には羽田空港での航空機衝突事故が発生。旅客機のほうは全員無事に脱出できたのですが、海上保安庁側の乗務員は5名が死亡という大きな事故になりました。2024年のこの先に暗雲が立ち込めるような年初スタートになってしまいました。

パレスチナの戦争が拡大して以来、落ち着いてブログを書くような心境ではありませんでした。そして2024年の初めがこのような状態なのでその気持ちは続いているようですが、そろそろ気合を入れ直して明後日の3連休明けからはもとのようにブログを積極的に書いていこうと思います。皆さん、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

イスラエルとパレスチナの戦争

このブログの8月にエジプトの元大統領の言葉を紹介しました。その言葉をアラビア書道作品にして11月に開かれる京都での作品展に出品する予定でした。パレスチナでの戦争がこのように拡大することは、その時は思ってもいませんでした。世界中がイスラエルのガザ攻撃について、人道的な観点から市民を犠牲にしないようにと求めています。でも、イスラエルの攻撃をやめろ、戦争をやめろとは言いません(徐々に停戦すべきだという声がたかまりつつありますね)。戦争はしてもいいけど、市民を犠牲にしてはいけないというのですね。私たち日本人は戦争を放棄した国民です。どんなことがあっても戦争はダメと思うのですが。改めてサダトの言葉をここで紹介させていただきましょう。

「平和は土地よりもはるかに重要です・・・・。
戦争はもう終わりにしましょう。」

サダトがエジプトの大統領だったとき、イスラエルと和平条約を締結しました。その結果、ノーベル賞を受けました。その時にカイロでスピーチした時の一節なのです。

さて、イスラエルのガザへの侵攻がエスカレートしています。病院や学校にまで侵攻しています。病院の地下にハマスの拠点があるので、それを攻撃するというのです。ハマスは病院を盾にしているというのです。昨日のニュースでは地下の画像も出ていましたがイスラエルの元高官はこれらの地下トンネルや施設はかつてイスラエルが造ったものであるという証言もあります。アメリカがかつてイラクを攻撃したときのことを思い出します。イラクは「大量破壊兵器を有している」ことを理由に仕掛けたのでした。例え病院の地下にハマスの拠点があったとしても病院にいる患者や避難民を襲っていいという理由にはならないでしょう。

私はこのブログに書くことを躊躇っていました。パレスチナ問題の本質をきちんと理解していない世界の風潮に何を言っても無駄な気がするからです。いまハマスが人質を徐々に解放し始めました。一方でイスラエルもパレスチナ人を釈放し始めました。イスラエルには多くのパレスチナ人が拘留されていることが世界に明らかになりました。釈放された女性や子供をみて世界はどう感じているのでしょうか。罪状も明らかでなく裁判に掛けられたわけでもなく、行政拘禁という手段で留置されていたのです。ヨルダン川西岸へのイスラエル人の無法な入植も咎められていません。そういうイスラエルを世界が黙っていたことにパレスチナ人が反発するのは当然のことでしょう。冒頭の画像はサダトの言葉をアラビア書道の作品にしてみました。まだまだ拙い作品ですが、戦争は止めて欲しいという気持ちを込めました。

ノーベル平和賞がイラン人女性に!

ノーベル平和賞がモハンマディさんに授与されました。イランの民主化、女性解放のために活動している女性です。同じく平和賞を2003年に授与されたエバディさんが率いる「人権擁護センター」の副代表である。モハンマディさんは現在刑務所に収監されている。イランで「自由、命、女性」というスローガンを掲げて立ち上がった人々のリーダーである。受賞当日彼女は「この日は刑務所での最も輝かしい最高の1日だった」と家族が投稿するインスタグラムで伝えられた。
喜ばしいニュースではある。私自身もインスタグラムに「おめでとう」と投稿した。そして「これが彼女にとって良かれとなるか否や?少し心配である。」と付け加えた。私の思いはノーベル賞が授与されることによってイランの現状が変わるかという疑問である。2003年のエバディさんの受賞によってイランは変わったか?いや変わってはいない。いまも継続して活動中であるので今後変わることを期待したいのであるが、ノーベル賞によって飛躍的に事が改善するとは思えないのである。活動が勢いづいて再び政府の圧力が増すことがないように祈りたい。

イスラム再学習 ❷ 悪魔などについて

土を型にいれ、あのお方がおれを創ったのだから、
すべての罪咎(とが)はその土からきている。
これ以上良くなれといわれても、おれには無理
おれを壺の土から、このように創ったのだから。

前回は天使であった。神と人間の中間に存在するものには他に悪魔があるので、この際、これらについても採り上げておくことにしよう。
私たちも悪魔を意味するサタンという語句は知っているのではないだろうか。イスラムではシャイターンというから同じ語源であろう。そしてシャイターンの中にイブリースがあり、これは悪魔と訳されている。もう一つイフリートがあって、こちらは小鬼と訳されている。イスラーム辞典によると「神はアダムを土から創り、生命を吹き込んだあとで、天使たちに彼の前にひざまずくよう命じた。しかし火から創られた自分の方が、土から創られた人間より上等であると思っていたイブリースはこの命令に従わず、そのために呪われた存在になる。ただし彼に対する処罰は最後の審判の日まで延期され、それまで彼は多くの人々を迷わせつづける。天国にいたアダムとイヴを迷わせて禁断の木の実をたべさせたのも、イブリースの仕業である。ただし、イブリースと、彼に誘惑され悔い改めなかった者どもは、のちに地獄の劫火で焼かれることとなっている。」中々面白い話である。最後の審判の日がいつ来るかは誰にも分からない。色々なことがその日までお預けになっていることが私には興味深い。ではイフリート(小鬼)とは何であろうか?同じくイスラーム辞典では以下のように説明している。「一般にはずる賢く敵意ある者を指す。より厳密にはジンの中の悪玉をさし、時にはシャイターン(サタン)と同一視されることもある。後世では殺された男、あるいは不慮の災難で死んだ者の幽霊の意味としても用いられる。また暴力を行使する男、つまり強盗などにも用いられたことがある。現在では強力な悪賢いジンの意で用いられるのが一般的である。日常では度をこえたいたずらっ子に対し軽い意味で用いられる場合が多い。」不本意にこの世を去った者かと思えば、強盗なども含まれるといい、いたずらっ子にまで範囲が及ぶというわけの分からない存在に思えてくる。そこでジンという者が登場するわけであるが、それは一体何者であろうか?ジンについて辞典はどう書いているのだろう。

「ジンとは煙の立たぬ焔からできていると言われる存在。土からできた人間、光からできた天使とは別種の存在で、幽鬼、悪霊等と訳されるが、実は善玉と悪玉がいる。目に見えぬ空気、もしくは火のような体をしており、知性を授けられ、さまざまな形態をとり、種々の仕事をすると考えられている。・・・中略・・・ただしジンは人々の想像力を大いにそそり、その結果イスラーム世界の民話の中にさかんに現れているくることになった。『千夜一夜物語』の中でも、ジンがさまざまな姿をとって現れるのは周知のことであろう。」このジンという概念はイスラム以前からあると考えるのが一般的であるようだ。善玉と悪玉があって、ジンは必ずしも悪い面だけではないようだ。そのような存在は、私たちの中にも居るように思う。目に見えない不可思議な動きを周辺に感じたり、魔がさしたりするような感覚に通じるようなものかなと私は勝手に思ったりするのである。この3回の記述のなかで、私が一番頭に刷り込んだのは、イスラムでは「人間は土から創られた存在」であるということだ。ペルシアの詩人オマル・ハイヤームの四行詩にはそのことを詠ったものが沢山あることを思い浮かべた。冒頭の四行詩はそれらのうちの一つである(岡田恵美子訳)。

イスラム再学習 ❷ 天使について

前回の預言者に続いて、今回は天使について採り上げましょう。イスラムにおける天使と言えば、真っ先に「ジブリール(ガブリエル)」を思い起こします。ムハンマドに啓示を伝えたという天使です。イスラムでは神と人間の中間的な存在にサタンやジン、そして天使が存在する。前の二者については別の機会にするとして、では天使にはどのようなものがあるのか?平凡社の新イスラム事典を見ることにしよう。

「精霊」「誠実な霊」ともいわれているムハンマドに啓示を伝え、イスラムを強化したガブリエル、それに匹敵する地位にあるミカエル、終末のラッパを吹くイスラーフィール、またマーリクと呼ばれる地獄の番をする天使、ザバーニーヤと呼ばれる地獄での責め苦をつかさどる天使たち、神の玉座を支え、またその周辺にあって常に神をたたえる天使たち、各人の両側にいてその人の行為を逐一記録する天使、墓場で死者を審問して苦しめるムンカルとナキールの2天使などである。

東京堂出版のイスラーム辞典からも重複しない部分を紹介しておこう。
天使の存在を信ずることは、イスラームの第二の信仰箇条になっている。アッラーは、五つの元素を少しも交えずに光から天使を創った。
「讃えあれアッラー、天地の創造主、天使らを使者に立て給う。その翼は二つ、三つ、また四つ。数を増して創造なさるは御心のまゝ・・・」(クルアーン第35章1節)
天使には、男女の性別はない。彼らはアッラーの命令を行使するために創られており、それを実行するさいにいささかも誤を犯さないとされている。ある天使たちは、アッラーのメッセージを使徒たちに伝達する役割を与えられている。彼らはそれを、いささかの粉飾、改変、省略なしに伝える。・・・・・

神の周辺に居て、神を支えるのが天使ということですね。上の方の画像は随分前のことですが、イランを旅した時にケルマンシャーのターゲボスタンで写したレリーフの写真の一部を拡大したものです。ササン朝時代のレリーフが破壊されずに美しく残っていることで有名なレリーフですが、写真をよく見ると天使が写っていました。
ムハンマドに啓示を伝えたのがジブリール(ガブリエル)と先述しました。キリストの受胎告知をしたのが、このガブリエルです。ガブリエルをアラビア語ではジブリールまたはジャブラーイールというわけです。天使たちもまたキリスト教にでてくるものと同じなのです。