モスクを知る:モスクとは

Print Friendly, PDF & Email

このブログを始めてから、丸3年が経過しました。最初は中東の歴史から始めました。時の流れに従って、当然、イスラムが誕生して拡大していった歴史なども書きましたね。その後、少々、散漫になり、あれこれ雑多な内容になったような気もします。「石油のこと」「イスラムを知る」「コーランについて」「オスマン帝国について」などは、まだまだ終わってはいません。そんな状態で今、今年は何を中心に書こうかなという思いでして、その結果「モスク」から始めることにしました。自分の知らないことが沢山あるので、調べながらボチボチ書き進めて行きますので、よろしくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

❶モスクとは:
簡単に言うと「礼拝所」「礼拝堂」などと和訳されるとおり、イスラム教徒が礼拝を行う場です。日本ではモスクと訳されています。アラビア語ではマスジドです。ペルシア語のイランでは、私の耳にはマスジェッドと聞こえました。トルコ語では?思い、グーグル翻訳をみてみると cami でした。読み方はカミではなくて多分ジャミと言うんでしょう。思い出したのです。東京にあるモスクが東京ジャーミーと呼ばれていることを。それでは日本のモスクという言葉はどこから来たのでしょうか。それは英語です。英語のmosqueをそのままカタカナで使っています。では mosque はどこからかというと、次の通りです。イスラムがスペインに伝わった歴史がありますね。その時にアラビア語の masjid がスペイン語では mezquita メスキータになり、それが英語ではさらに変化して mosque となったのでした。

❷イスラム初期のモスク:
イスラムの創始者であるムハンマドが、ヒジュラ(聖遷)のあと、メディナで家を建てたが、その中庭がイスラム最初のモスクとされているそうです。そこは現在の「預言者のモスク」の場所なのです。
預言者のモスクの無料イラスト素材

イスラムが勢力を拡大していきました。正統カリフ時代のあとにウマイヤ朝 (601-750) が起こりました。ダマスクスでは聖ヨハネ教会の東半分が接収されてモスクになりました。706年にはワリード1世が西半分も買収してモスクが大きくなりました。これがウマイヤ・モスクです。これが現存する最古のモスクと言われているのです。画像をお見せしたいのですが、著作権があるので控えます。その代わり、ユーチューブの一つを以下に示しておきましょう。

モスクの外壁やアーケードを飾っている建物や樹木などの華麗なモザイクがこのモスクの名を高めているそうです。 

コメントを残す