中東諸国❶:サウジアラビア

Print Friendly, PDF & Email

今年度もあと半月になりました。これまで勤めて来た非常勤講師の仕事も終えることにしました。そこで今回は中東諸国のプロフィールを改めて整理したいと思うのです。現役のときは自分のデーターベースを常時アップデートしていましたが、非常勤になってからは必要な部分のみを見てきました。原点に戻って、改めて中東諸国の現状を整理したいと思います。というものの、現地の国々の資料をにアクセスするのは個人の立場としては難しい(費用が掛かる)ので、やはり米国の資料に頼ることにします。とりあえず今回はサウジアラビアです。

概要 サウジアラビアはイスラム誕生の地であり、メッカとメディナの二つの聖地が在る。現在のサウジアラビアはアラビア半島の大部分を統一したイブン・サウドによって1932年にスタートした。石油、天然ガスの世界最大級の生産国である。
元首 King and Prime Miniser SALMAN bin Abd al-Aziz Al Saud
政府代表 同上
政体 絶対君主制
首都 リヤド (Riyadh)
国土面積 215万㎢  *日本は38万㎢だから5倍以上
人口 3480万人(2021年7月時推定) 推定成長率1.62%
これはサウジアラビアの人口ピラミッドです。 人口ピラミッドは、国の人口の年齢と性別の構造を示し、政治的および社会的安定、ならびに経済発展についての洞察を提供する可能性があります。 人口は横軸に沿って分布しており、左側が男性、右側が女性です。 男性と女性の人口は、縦軸に沿って横棒で表された5歳の年齢層に分類され、最も若い年齢層が下に、最も古い年齢層が上になります。 人口ピラミッドの形は、出生率、死亡率、および国際的な移住の傾向に基づいて、時間の経過とともに徐々に進化します。 <br/> <br/>詳細については、「定義とメモ」ページの人口ピラミッドのエントリを参照してください。
年齢構成
0-14歳: 24.84%(男性4,327,830 /女性4,159,242)
15-24歳: 15.38%(男性2,741,371 /女性2,515,188)
25-54歳: 50.2%(男性10,350,028 /女性6,804,479)
55-64歳: 5.95%(男性1,254,921/女性778,467)
65歳以上: 3.63%(男性657,395 /女性584,577)(2020年推定)
人種 アラブ(90%)
言語 アラビア語(公用語)
宗教 イスラム教徒(公式、市民はスンニ派85〜90%、シーア派10〜15%)、その他(東方正教会、プロテスタント、ローマカトリック、ユダヤ教、ヒンズー教、仏教、シーア派を含む)(2012年推定)
注:さまざまな信仰の駐在員コミュニティ(人口の30%以上)、スンニ派イスラム教の政府認可の解釈と矛盾するほとんどの形式の公の宗教的表現は制限されています。非イスラム教徒はサウジアラビアの市民権を持つことは許可されておらず、非イスラム教徒の礼拝所は許可されていません(2013)
経済概要 サウジアラビアは石油ベースの経済であり、主要な経済活動に対する政府の強力な統制があります。世界で実証済みの石油埋蔵量の約16%を保有し、石油の最大の輸出国としてランク付けされており、OPECで主導的な役割を果たしています。石油セクターは、予算収入の約87%、GDPの42%、輸出収入の90%を占めています。

サウジアラビアは、経済を多様化し、より多くのサウジアラビア国民を雇用するために、民間部門の成長を奨励しています。サウジアラビア経済、特に石油およびサービス部門では、約600万人の外国人労働者が重要な役割を果たしています。しかし同時に、リヤドは自国民の失業を減らすのに苦労しています。サウジアラビアの当局者は、特に若者の人口が多いことを重視しています。

2017年、王国はGDPの8.3%と推定される財政赤字を被りました。これは、債券の売却と準備金の引き出しによって賄われていました。王国は、かなりの外国資産を引き出すか借りることによって数年間高額の赤字を賄うことができますが、設備投資を削減し、電気、水、石油製品への補助金を減らし、最近5%の付加価値税を導入しました。2016年1月、皇太子と副首相のムハンマド・ビン・サルマンは、サウジアラビアが国営石油会社ARAMCOの株式を上場する意向であると発表しました。これは、収益と外部投資を増やすためのもう1つの動きです。政府はまた、石油市場の縮小を受けて、経済の民営化と多様化をより綿密に検討している。歴史的に、サウジアラビアは多様化の取り組みを発電に集中させてきました。電気通信、天然ガス探査、および石油化学セクター。最近では、政府は、ヘルスケア、教育、観光産業における民間部門の役割の拡大について投資家に働きかけています。サウジアラビアはしばらくの間、多様化の目標を強調してきましたが、現在の石油価格の低さにより、政府は長期的なスケジュールに先立ってより抜本的な変更を余儀なくされる可能性があります。

経済 農産物
牛乳、ナツメヤシ、鶏肉、果物、スイカ、大麦、小麦、ジャガイモ、卵、トマト産業
原油生産、石油精製、基礎石油化学製品、アンモニア、産業ガス、水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)、セメント、肥料、プラスチック、金属、商用船の修理、商用航空機の修理、建設工業生産の成長率
-2.4%(2017年推定)労働力
1,380万(2017年推定)
注: 310万人のサウジアラビア人と1,070万人の非サウジアラビア人で構成されています労働力-職業別
農業: 6.7%、産業: 21.4%、サービス: 71.9%(2005年推定)

失業率
6%(2017年推定)、5.6%(2016年推定)
注:データは総人口に関するものです。サウジアラビア国民の失業率は2倍以上です

失業、15〜24歳の若者
合計: 27.2%、男性: 21.5%、女性: 43.8%(2020年推定)

輸出入 輸出
1841.1億ドル(2020年推定)
2858.6億ドル(2019年推定)輸出-パートナー
中国20%、インド11%、日本11%、韓国9%、米国5%(2019)輸出-商品
原油、精製石油、ポリマー、工業用アルコール、天然ガス(2019)輸入
1,798億ドル(2020年推定)

輸入-パートナー
中国18%、アラブ首長国連邦12%、米国9%、ドイツ5%(2019)

輸入-商品
自動車、放送機器、精製石油、包装医薬品、電話(2019)

 

コメントを残す