アラビア書道展の作品準備中

Print Friendly, PDF & Email


こんにちは。このところ毎週末になると台風が襲来しています。今週も東海地方に近づいているようです。このブログの更新もしばらく途絶えています。というのもアラビア書道の作品展の日程がだんだん迫ってきたからです。毎日数時間は練習しているのです(上の画像)が、中々思うように形が揃いません。上手く書けたなと思っても、次の行ではミスってしまうと、また新たに書かねばなりません。やはり4行詩は難しいです。早く完成して、ここでお見せできるようになりたいものです。実は先月末に自分の書いたものを、ここで時々紹介しているアラビア書道の世界的な大家に添削してもらったのです。一杯、直されました。殆どの部分でダメ出しされました。「形が違う」「太すぎる」「もっと細くデリケートに」「かすれている」「角ばるのではなく丸みをつける」「この部分はくっつける」などなどキリがありません。それで今必死で練習しているわけです。ブログの更新はままなりませんが、しばらくお待ちくださいね。腰の調子も良くなったので、先週は一日山登りもしてきました。良いリフレッシュもできたので、もう少し頑張って見ます。書道展の案内チラシを次にアップしておきます。

中東諸国❸:イラン(イランイスラム共和国)

Print Friendly, PDF & Email

サウジアラビア、トルコに続き、今回はイランです。なぜイランなのか?理由は簡単です。サウジアラビアはアラブ民族です。次のトルコはトルコ民族です。そして今回はペルシア民族のイランというわけです。中東には大きく分けてこの三つの民族=文化が存在するわけです(イスラエルのユダヤは別として)。公平さを保つために今回はイランです。いずれユダヤも登場すると思いますが。いつものようにCIAの資料を拝借して取りまとめてみます。

概要
1935年までペルシャとして知られていたイランは、支配的な君主制が崩壊し、シャーモハンマドレザパフラビが亡命を余儀なくされた後、1979年にイスラム共和国になりました。Ayatollah Ruhollah KHOMEINIが率いる保守的な聖職者部隊は、憲法によれば専門家会議(AOE)にのみ責任を負う、一般に最高指導者と呼ばれる学識のある宗教学者に与えられた究極の政治的権力を備えた神権政治体制を確立しました。1979年11月にイランの学生グループがテヘランの米国大使館を押収し、1981年1月中旬まで大使館職員を人質にしたとき、米国とイランの関係は緊張し、米国は1980年4月にイランとの外交関係を断ち切った。 イランとイラクの戦争は、最終的にはペルシャ湾に拡大し、米海軍とイラン軍の間で衝突を引き起こしました。イランはテロ支援国家に指定されており、テロへの関与が疑われていることと、核開発計画の軍事的側面に対する懸念から、米国、国連、EUの経済制裁と輸出規制の対象となっています。
1997年に改革派ホッジャトルエスラムモハンマドハータミが大統領に選出され、2000年に改革派マジュレス(議会)が選出された後、国民の不満に応えて政治改革を促進するキャンペーンが開始されました。運動は保守的な政治家として挫折し、最高指導者、監督者評議会のような選出されていない権威機関、そして治安部隊は治安抑圧を強めながら改革措置を逆転させ阻止した。2003年の全国的な地方選挙から始まり、2004年のマジュレス選挙まで、保守派はイランの選出された政府機関に対する支配を再確立し、2005年8月に強硬派のマフムードAHMADI-NEJADが大統領に就任した。2009年6月の彼の物議を醸した再選は、不正選挙の申し立てに対する全国的な抗議を引き起こしたが、抗議はすぐに抑制された。主に政府の管理ミスと国際的制裁による経済状況の悪化は、2012年7月と10月に少なくとも2つの主要な経済ベースの抗議を引き起こしたが、イランの内部治安状況は安定していた。AHMADI-NEJAD大統領の独立した筋は、最高指導者を含む政権樹立の数字を怒らせ、大統領の最後の年の議題に対する保守的な反対と、彼の政治的支持者の疎外につながった。2013年6月、イラン人は中道聖職者のHasanFereidunRUHANI博士を大統領に選出しました。政権の長年の上級メンバーであり、彼は社会の改革とイランの外交政策を約束した。2015年7月、イランと5人の常任理事国、およびドイツ(P5 + 1)は、制裁措置の緩和と引き換えにイランが核開発計画の制限に合意したJCPOAに署名しました。しかし、米国は2018年に制裁を再課し、ルハニの遺産とイラン経済に打撃を与えました。取引を回復するための交渉は2021年に始まり、現在も続いています。イランは2020年2月にマジュレスと大統領のために2021年6月に選挙を行い、その結果、政権の選出された機関と選出されていない機関全体が強硬で保守的な独占になりました。エブラヒーム・ライシ大統領は、イランの司法で数十年のキャリアを持つ強硬派の聖職者であり、外交政策と経済的経験は限られています。さらに、ドイツ(P5 + 1)は、制裁措置の緩和と引き換えにイランが核開発計画の制限に同意したJCPOAに署名しました。しかし、米国は2018年に制裁を再課し、ルハニの遺産とイラン経済に打撃を与えました。取引を回復するための交渉は2021年に始まり、現在も続いています。イランは2020年2月にマジュレスと大統領のために2021年6月に選挙を行い、その結果、政権の選出された機関と選出されていない機関全体が強硬で保守的な独占になりました。エブラヒーム・ライシ大統領は、イランの司法で数十年のキャリアを持つ強硬派の聖職者であり、外交政策と経済的経験は限られています。さらに、ドイツ(P5 + 1)は、制裁措置の緩和と引き換えにイランが核開発計画の制限に同意したJCPOAに署名しました。しかし、米国は2018年に制裁を再課し、ルハニの遺産とイラン経済に打撃を与えました。取引を回復するための交渉は2021年に始まり、現在も続いています。イランは2020年2月にマジュレスと大統領のために2021年6月に選挙を行い、その結果、政権の選出された機関と選出されていない機関全体が強硬で保守的な独占になりました。エブラヒーム・ライシ大統領は、イランの司法で数十年のキャリアを持つ強硬派の聖職者であり、外交政策と経済的経験は限られています。イランは2020年2月にマジュレスと大統領のために2021年6月に選挙を行い、その結果、政権の選出された機関と選出されていない機関全体が強硬で保守的な独占になりました。エブラヒーム・ライシ大統領は、イランの司法で数十年のキャリアを持つ強硬派の聖職者であり、外交政策と経済的経験は限られています。イランは2020年2月にマジュレスと大統領のために2021年6月に選挙を行い、その結果、政権の選出された機関と選出されていない機関全体が強硬で保守的な独占になりました。エブラヒーム・ライシ大統領は、イランの司法で数十年のキャリアを持つ強硬派の聖職者であり、外交政策と経済的経験は限られています。

 

人口
85,888,910(2021年7月推定
これはイランの人口ピラミッドです。 人口ピラミッドは、国の人口の年齢と性別の構造を示し、政治的および社会的安定、ならびに経済発展についての洞察を提供する可能性があります。 人口は横軸に沿って分布しており、左側が男性、右側が女性です。 男性と女性の人口は、縦軸に沿って横棒で表された5歳の年齢層に分類され、最も若い年齢層が下に、最も古い年齢層が上になります。 人口ピラミッドの形は、出生力、死亡率、および国際的な移住の傾向に基づいて、時間の経過とともに徐々に進化します。 <br/> <br/>詳細については、「定義とメモ」ページの人口ピラミッドのエントリを参照してください。

言語
ペルシア語・ファルシ語(公式)、アゼルバイジャン語およびその他のトルコ語方言、クルド語、ギラキ語、マーザンダラーン語、ルリ語、バローチー語、アラビア語

宗教
イスラム教徒(公式)99.6%(シーア派90-95%、スンニ派5-10%)、その他(ゾロアスター教徒、ユダヤ教徒、キリスト教徒を含む)0.3%、詳細不明0.2%(2016年推定)

国土国土面積
1,648,195平方キロメートル国境が接する国: アフガニスタン921 km; アルメニア44km; アゼルバイジャン689km; イラク1,599km; パキスタン959km; トルコ534km; トルクメニスタン1,148km

国と政府国家元首
最高指導者Ali Hoseini-KHAMENEI(1989年6月4日以降)政府の長: Ebrahim RAISI大統領(2021年6月18日以降)。モハマド・モクバー初代副大統領(2021年8月8日以降)

経済
イランの経済は石油とガスの輸出への依存によって特徴づけられています。イランはまた、重要な農業、産業、およびサービス部門を所有していますが、イラン政府が所有する数百の国有企業が運営しています。また、政府は国の治安部隊に所属する多くの企業を間接的に管理しています。汚職、価格統制、補助金、数十億ドルの不良債権を抱える銀行システムなどの歪みは、経済を圧迫し、民間部門主導の成長の可能性を損なっています。民間部門の活動には、中規模の建設、セメント生産、鉱業、および金属加工に加えて、小規模のワークショップ、農業、一部の製造、およびサービスが含まれます。2016年1月の合同包括行動計画(JCPOA)に基づくほとんどの核関連制裁の解除は、イランの石油生産と収益の回復を引き起こし、GDPの急速な成長を牽引しましたが、石油生産が停滞したため、2017年の経済成長は低下しました。経済は、JCPOAの前から低水準の投資と生産性の低下に苦しみ続けており、特に女性と大学教育を受けたイランの若者の間で高水準の失業に苦しんでいます。2017年5月、Hasan RUHANI大統領の再選により、JCPOAの経済的利益が拡大し、社会のあらゆるレベルに到達するという一般の期待が広まりましたが、イランの核開発計画による制裁措置により、外国投資家がイランに関与することは難しい状況です。現大統領は保守強硬派であるため、対米関係は依然として緊張状態にあります。

GDP
実質GDP(購買力平価)$ 1,044,310,000,000(2020年推定)です$ 1,027,240,000,000(2019年推定)です実質GDP成長率3.7%(2017年推定)12.5%(2016年推定)一人当たりの実質GDP$ 12,400   (2020年推定)です$ 12,400(2019年推定)です$ 13,500(2018年推定)です。

GDPの構成
農業: 9.6%(2016年推定)
産業: 35.3%(2016年推定)
サービス: 55%(2017年推定)

貿易
輸出
1,014億ドル(2017年推定)
839.8億ドル(2016年推定)
輸出相手:中国48%、インド12%、韓国8%、トルコ6%、アラブ首長国連邦5%(2019)
輸出商品:原油、ポリマー、工業用アルコール、鉄、ピスタチオ(2019)

輸入
763.9億ドル(2017年推定)
631.4億ドル(2016年推定)
輸入相手:中国28%、アラブ首長国連邦20%、インド11%、トルコ7%、ブラジル6%、ドイツ5%(2019)
輸入商品:米、とうもろこし、放送機器、大豆製品、牛肉(2019)

 

サヘル・ローズさんの『あなたと、わたし』

Print Friendly, PDF & Email

誰もがサヘル・ローズさんのことを知っていますよね。私、そして妻も彼女の大ファンです。幼いときにイランで戦争にあって、大変な苦労をした経験をお持ちです。そして、幼少期に日本に来られてからも・・・・。テレビで見る彼女はそのような過去を彷彿させない素晴らしい笑顔に目頭が熱くなるのです。

私はイランが好きです。イランも好きですが、ペルシアがもっと好きです。同じ国ですが、ペルシアというと、シルクロードを経由して日本に伝えられた優れた、洗練されたササン朝の文化を想うのです。奈良の正倉院にはその時代の波斯(ペルシア)の文化財が保存されています。日本とイランは古くから深いつながりがある国同士なのです。たまたま、私自身が1971年から1978年の革命の前年まで長期間滞在していたこともあって、イランが好きになりました。このブログでも、イランに関連する記事が自然に多くなっていると思います。そんな事情もあって、イラン出身のサヘルさんを初めて知った時から、ファンになったのでした。いまではメイ・ジェイさんのファンでもあります。

前置きが長くなりましたが、先日サヘルさんの詩集『あなたと、わたし』を購入して読みました。フォトジャーナリストの安田菜津紀さんが中東・アフリカ・東南アジアほかで撮影した写真とのコラボ作品です。子供たちの少し寂しげな姿が印象的です。サヘルさんの詩も心に響きます。優しい人柄を感じさせます。同時に、ご自分の苦労された経験も詩の中に溢れているように感じました。

中でも一番好きな詩が次のものです。

皆さんも是非一度読んでみてください。まもなく新し年になります。
世界中の子供たちが泣くことのないような世界になりますように。

本の紹介をしておきます。
株式会社日本写真企画、2018年12月発行。
著者:サヘル・ローズ。写真:安田菜津紀
ISBN 978-4-86562-084-9
定価:1500円

世界史学習:古代オリエント

Print Friendly, PDF & Email

世界史学習の今回は古代オリエントです。

作業1の答:肥沃な三日月地帯
作業2の A=小アジア B=メソポタミア C=パレスチナ
作業3の答:ハットゥシャ(ボアズキョイ)

都市名 A=メンフィス B=アマルナ(アケトアテン) C=テーベ
問題の答:ヒクソス

ABの都市名:A=エルサレム B=バビロン
事件の名称:バビロン捕囚

A=アケメネス朝ペルシア B=ギリシアの勢力圏 C=フェニキアの勢力圏

いかがでしたか?
少しあやふやな点があったかもしれませんね。それではまた次回に。

 

世界史学習:オリエント世界 / 地中海世界

Print Friendly, PDF & Email

さて、このブログも始めてから随分経過しました。気の向くままに少々まとまりもなく続いてきた感があります。今日からはしばらく原点に帰って、世界史の復習をしていこうと思います。帝国書院発行の『世界史図説・タペストリー』の付録白地図作成帳の中から中東・イスラムに関連する部分を利用させていただきます。

オリジナルのサイズでは小さくて見えにくいので以下に拡大してみました。
番号の部分の名称を表に書き込む形になっています。答えは後日記入しますので、確認してみてください。

二日ほど経ちましたので答を記入しました。
簡単でしたね。しいて言えば、ティグリス川とユーフラテス川がどちらかなという点かもしれません。そんなときは、上がティグリス、下がユーフラテスと覚えれば忘れません。

❶ ドナウ川 ❷ イタリア半島 ❸ 地中海
❹ エーゲ海 ❺ 黒海 ❻ アナトリア高原
❼ ナイル川 ❽ 紅海 ❾ アラビア半島
❿ ティグリス川 ⓫ ユーフラテス川 ⓬ イラン高原

中東の食べ物?: デーツ(ナツメヤシ)

Print Friendly, PDF & Email

スーパーマーケットでデーツが売られているのを見つけました。懐かしくて、とっさにショッピング・バスケットに入れました。甘くて美味しいのです。最近では健康に良いということで人気があるようですね。日本ではナツメヤシとも呼ばれています。ウィキペディアではどう説明されているのかと、覗いて見ると次のように書かれていました。内容は全てが信頼できるものとは限りませんが、あくまでも参考としてのことです。

ナツメヤシは非常に古くから栽培されているため、本来の分布がどうであったかは定かではない。北アフリカか西南アジアのペルシャ湾沿岸が原産と考えられている。

耐寒性は低いものの、乾燥には比較的強い。雌雄異株。樹高は15 mから25 mで、単独で生長することもあるが、場合によっては同じ根から数本の幹が生え群生する。葉は羽状で、長い葉柄は3 mに達する。葉柄には棘が存在し、長さ30 cm、幅2 cmほどの小葉が150枚ほど付く。実生5年目くらいから実をつけ始める。樹の寿命は約100年程が普通であるものの、場合によっては樹齢200年に達することもある。

メソポタミアや古代エジプトでは紀元前6千年紀にはすでにナツメヤシの栽培が行われていたと考えられており、またアラビア東部では紀元前4千年紀に栽培されていたことを示す考古学的証拠も存在する。例えば、ウルの遺跡(紀元前4500年代−紀元前400年代)からは、ナツメヤシの種が出土している。シュメールでは農民の木とも呼ばれ、ハンムラビ法典にもナツメヤシの果樹園に関する条文がある。アッシリアの王宮建築の石材に刻まれたレリーフに、ナツメヤシの人工授粉と考えられる場面が刻まれていることはよく知られている。

ナツメヤシはギルガメシュ叙事詩やクルアーンにも頻繁に登場し、聖書の「生命の樹」のモデルはナツメヤシであると言われる。クルアーン第19章「マルヤム」には、 マルヤム(聖母マリア)がナツメヤシの木の下でイーサー(イエス)を産み落としたという記述がある。アラブ人の伝承では大天使ジブリール(ガブリエル)が楽園でアダムに「汝と同じ物質より創造されたこの木の実を食べよ」と教えたとされる。またムスリムの間では、ナツメヤシの実は預言者ムハンマドが好んだ食べ物の1つであると広く信じられている。

ということで、古くから中東地域で栽培されていたことが分かります。また、今でもデーツは中東諸国の農産物として大量に栽培されているのです。2008年に農林水産省から「GCC諸国の農業・貿易政策」という調査報告書を作成するように委託されたことがあり、一生懸命調べた想い出があります。その際にデーツが湾岸諸国の農産物の中でデーツが大きなウエィトを占めている農産であることを実感したのでした。

先ほど、デーツは健康に良いということでしたが、栄養価はどの程度なのか、今度は「上野アメ横。小島屋」のホームページの助けを借りましょう。次のように書かれています。

・ 便通を整える『食物繊維』
食物繊維には、腸内環境を整え、消化吸収を良くしたり便通を改善させる効果があります。また同時に、悪玉菌や有害物質を減らして腸内環境を整える効果もあり、生活習慣病をや感染症などの病気の予防や健康維持にも重要な成分です。
デーツには、ごぼうと比較すると1.3倍もの食物繊維が含まれており、中でも不溶性食物繊維が豊富です。不溶性食物繊維は、腸の中で水を含んで腸を刺激し、便通を整える働きがあります。また有害物質を減らすため、大腸がん予防に効果があるとして期待されています。

・ 貧血予防だけじゃない『銅』
デーツは様々なミネラルも豊富に含んでいます。ミネラルとは、体内で酵素などとして働き多様な作用に関わる重要な栄養成分で、銅はその1種です。銅は、ヘモグロビン合成や免疫細胞のエネルギー代謝に関わり、また活性酸素を除去する働きを助けます。デーツは、ドライフルーツの中でもトップレベルの銅含有量を誇っており、貧血予防や免疫力アップに嬉しい果物なのです。

・ 味覚を保つ『亜鉛』
亜鉛とは、タンパク質・DNAの合成や免疫機能の維持、味覚の維持など多くの役割を持っているミネラルです。舌にある味細胞は日々作り変えられていますが、亜鉛はこのような細胞の生まれ変わりをサポートするのに欠かせないミネラルなのです。

さらに次のような項目を挙げて、デーツの良さを説明しています。
以下は見出しだけにしておきます。興味ある方は「小島屋」のホームページを直接ご覧ください。

・ 縁の下の力持ち『マグネシウム』
・ 抗酸化力を持つ『βカロテン』
・ 二日酔いに効く!『ナイアシン』
・ 多機能ビタミン『パントテン酸』
・ デーツの健康&美容効果4つ
・ ①貧血の予防に
・ ②酸化を防いでアンチエイジング
・ ③ストレス対策にも
・ ④ダイエット効果も注目!カロリーは控えめ?!
・ デーツの健康・美容効果を高める食べ方

本当に体に良い食品であることが分かりました。栄養機能食品などの通販カタログにもデーツは出ています。しかし、結構いい値段しているように思います。この度買ったものは300円で小さな袋ですので、買いやすい値段でした。チュニジア産で種を抜いていたので食べやすく美味しかったです。以前、東京ジャーミー(モスク)に行ったときに、売店で一箱一杯入ったものが500円で買った覚えがあります。イスラムでは断食の日の日没後や断食明けの際に一番最初に口にするのがデーツです。中東・イスラム社会では必需品なのであります。皆様も是非とも食して見てください。日本の干し柿にちょっと近い感じがしますが、どうでしょうか?

ペルシャ語講座33:有用?な単語・・چشم chashm/cheshm 目/眼

Print Friendly, PDF & Email

いろいろな色の目のイラスト(黒)

今回はペルシャ語講座ですが、一つの単語を紹介しましょう。それはタイトルのチャシュム、チェシュムです。目という意味です。辞書を引くと名詞・①目、眼 ②邪視、凶視 とあります。その次に間投詞として「喜んで」「承知しました」と記されています。私が紹介したかったのは、この部分です。わざわざ紹介しなくとも、現地へ行ったならば直ぐに分かることなのですが、最初は「へえ!」と思ったものです。でも便利な言葉です。例えば、使用人に「どこどこに行って、何々を買ってきてください」と言うと、彼は軽く手のひらを胸に当てて「チャッシュ!」と言うのです。私は「かしこまりました」という意味だと解釈しました。そして、私には「チャッシュ」と聞こえましたので、それが目の意味の「チャシュム」だとは、しばらくの間、気が付きませんでした。目の意味だと気づいたときに、「言葉って面白いなあ」と感じたものでした。

いろいろな色の目のイラスト(黒)

ついでにチャシュムを使った表現を辞書からピックアップしておきましょう。
چشم شما روشن  chashme shoma roushan おめでとう!

چشم و چراغ chashm va cheraq 最愛の人
چشمانداز chashm andaaz 展望、見通し、
چشمبند cheshm-band 手品師、奇術師
چشم پوشی cheshm-pushi 黙認、見逃し
چشمچرانی cheshm-charan 色目を使う
چشم روشنی cheshm-roushani 贈り物、お祝いの贈り物
چشمگیر cheshm-gir 目立った、顕著な

サウジアラビアとワッハーブ派

Print Friendly, PDF & Email

前回はタリバンを取り上げた.。タリバンは厳格なイスラムなどと評されるわけであるが、前回述べたように、私は決して正統派の厳格なイスラムであるとは思わない。本来のイスラム精神を厳格に守るという意味ならば、代表的なのはサウジアラビアであろう。今回はサウジアラビアのイスラム=ワッハーブ派について少しだけ紹介する。

サウジアラビアではイスラム・ワッハーブ派が国教である。ワッハーブ派とはどういうものか、東京堂出版・黒田壽郎編『イスラーム辞典』では以下のように説明している。

アブド・ル・ワッハーブ(1703~87)が18世紀なかばに創始した。『クルアーン』とスンナに帰れとする純粋主義の運動。極端に復古主義的なかたちでイスラームの純化を主張するスンニー派ムスリムの運動で、彼らは自らをムワッヒドゥーン(一神教徒)と称する。法学上はハンバリー派に属し、この派の神学者イブン・タイミーヤの思想の影響を強く受けた。ヒジュラ暦三世紀以降にもち込まれた一切のビドア(新風・新説)を排除し、正統四法学派の権威と、正統六ハディースのみを認める。スーフィズムを厳しく糾弾し、聖者崇拝や聖者廟詣でを禁じた。信徒には徹底したピューリタン的生活態度が要求される。18世紀後半この運動は、ナジュドのイブン・サウード家の勢力と結びつきアラビア半島に拡大した。ワッハーブの死後、サウード家の長が教主の地位を継承し、政教両権の保持者となる。

サウード家の正確な出自はよく分かっていないが、15世紀頃サウジアラビア東部のオアシスからリヤドの北ワディ・ハニーファのダルイーヤに移り定住したという。1720年より少し前にサウード・イブン・ムハンマド・イブン・ムグリンの記録がある。その息子のサウード・イブン・ムハンマドが通常サウード家の始祖とされている。といってもそれはアラビア半島に数多くいた部族の一人の長であったにすぎない。それが、のちにサウジアラビアを統一するほどの権力者になることができたのは、ワッハーブとの同盟であったのだ。

アラビア半島に数多くの部族があった中で、有力だったのがラシード家であった。文芸新書・岡倉徹志著『サウジアラビア現代史』によれば、ラシード家というのは、リヤドの北西シャンマル山地のシャンマル諸支族を支持基盤とするベドウィーンである。1870年代にはオスマン帝国と同盟し、補助金や武器の供給を受け、1884年には半島中心部のカスィーム地区を支配下に収めていた。ナジドの諸部族は、当時兄弟同士の内輪もめを続けていたサウード家に愛想を尽かし、日の出の勢いだったラシード家に傾いていた。その結果、サウード家は衰退したのであるが、その後、クウェートの有力部族サバーハ家がサウード家の一族を保護支援した。サウード家はここで一息つくことができた。

20世紀に入り、ラシード家がオスマン帝国とドイツと関係を強化し、クウェートへ食指を動かす。一方で、イギリスはクウェートとともにサウジアラビアへ勢力を拡大しようとする。サウード家のアブドゥルアジーズはこの時21歳であり、クウェートで保護されていた。そして、1902年1月15日にリヤド城を奇襲し攻略した。その後、アラビア全土を支配下に収める戦闘を続け、1924年にヒジャーズ地方を攻め、メッカを抑え、続いてジェッダとメディナも支配下に入れた。アブドゥルアジーズがヒジャーズ地方を制圧できたのはワッハーブ派の協力によるところが大きかった。つまり、ワッハーブ派とサウード家はお互いに協力し合って勢力を拡大することができたのである。

サウジアラビアはワッハーブ派の国である。我々の世界での政教分離などという考え方は通用しないのである。

 

ペルシャ語講座32:名詞の複数形

Print Friendly, PDF & Email

前にも触れたことがありますが、名詞の複数形について再度まとめてみます。
名詞の単数形語尾に ها ha を付けるのが基本です。鉛筆なら مداد  مدادها となります。簡単ですね。英語の複数形でsを付けるのと同様です。

もし、名詞の示すものが人間の場合、単数形語尾に ان an を付けることもあります。例えば、婦人=zan زن の場合に、zanan زنان となります。先ほどのように ha を付けても間違いではありません。
単数名詞の最後の文字がアレフの場合、an の前に yをいれて yan となります。

例えば、乞食 gada گدا は gadayan گدایان となります。
同じように最後の文字が u و の場合も yan を付けることになります。例えば、誠実な人=rastgu رستگو —- رستگویان rastguyan となります。
名詞の最後が h ه で終わる場合、an の前にg が付くこともあります。例えば、子供=bacche بچه  は bacchegan بچهگان となります。これもバッチェのあとに続けて書かずにバッチェ・ハーという人もいますし、例えば窓はパンジャレhと最後がhで終わりますが、普通はパンジャレハーというでしょう。

一応の基本的なルールがあるけど、例外もあるわけです。でもその例外も基本形を使う限りにおいては許容されるという感じですね。完全に形を変える複数形もありますが、それらはまた改めて紹介しましょう。

日本書紀に見るゾロアスター教徒の来日(2)

Print Friendly, PDF & Email

前回は日本書紀の中にトカラ人が日本にやってきた記述の一部を紹介した。そして、その一行の中に舎衛という女性がいたが、舎衛とはどういう意味なのかという点で学者間に議論があって、どうやらそれは地名であるということになっている。ひとつはネパールの地名であるとし、ひとつはトカーレスターンの地名であると。そしてまた、トカラ人の名前に「乾豆波斯達阿(けんづはしだちあ)」というのがあった。波斯というのはペルシャの意味なので、トカラというのはペルシャのことなのだろうかも思うわけである。今回はその先に進めて行こう。

トカラを表記するのに私はここまでカタカナで記したが、書記には勿論感じで記されている。吐火羅、覩貨邏、覩カ羅(この部分のカは入力できなかったのでカタカナにした。貝の右に化の文字。つまりは貨と配置が異なった文字)などと表記されているのであるが、いずれも同じ地域をさすもので、伝統的にはトカーレスターン(トハーレスターン)とされてきたそうである。これはアフガニスタン北部から隣接する当時のソ連領域の一帯を汎称するもので、クンドゥズ、パルク(バルフ)、サマルカンド、ボカーラー(ボハーラー)などの都市を擁する地域である。サマルカンドやボハーラーというと現在はウズベキスタンの都市である。ところが、井上光貞博士や竹内理三博士によってトカラを東南アジアに求める説も提唱されたとある。それによるとトカラとは驃国のことで、ピュー族がビルマのイラワジ川の中流域に建設したもので、首都はプロムであるという。彼らは突羅成と自称し『新唐書』によれば、およそ18の属国があって、その中に舎衛が含まれているという。中央アジアではなくてもっと日本に近い東南アジアのほうが来日の可能性がより高いと思うが、それに対して実際にトカーレスターンのバルフから長安にやってきた宣教師などの事例を挙げて論争があったようである。

さて、先を急ごう、ペルシャ文化渡来考の著者、伊藤義教先生の説に移ろう。結論を先にいうと舎衛は地名ではないというのである。舎衛の女というのはトカラ人とは異なる舎衛人の女ではなく、同じトカラ人であるという。理由は一緒に行動していたことや、書記の記述をすなおに読めばそうなるという。そして、難題であるとする舎衛という意味を読み解くのである。以下、伊藤先生の説である。

舎衛は中世ペルシャ語シャーフ(shah) で王の対音とみるほかはない。従って舎衛女とは「舎衛の娘」として「王の娘・王女」以外のなにものでもない。ここまで詰めてくれば、書紀のトカラは、伝統に従って、トカーレスターンに同定するほかはない。トカラ人の漂着者たちの中に王女が一人いたことになり、それゆえに大和朝廷に迎え入れられた理由なのである。

7世紀にトカラ人が日本に漂着した。その中の一人が王女であって、大和朝廷に迎えられていた。トカラとはトカーレスターンであり、その地は今のウズベキスタン辺りである。ブハーラーやサマルカンドはかつてはペルシャ帝国に組み入れられたこともある地域である。つまり、日本書紀に登場する渡来人の招待はペルシャの王女とたちであったというわけである。とここまでくると、私の想像が駆け巡る。王女となるとペルシャの王女。となると、それはササン朝の王女であろう。ササン朝はイスラムによって滅びたわけであるが、その王朝の一部がシルクロードを経て長安へ、さらに日本へ来たということも可能性はあろう。そうなると、話はさらに続いていかねばなるまい。その話のネタは次の画像の書に託したい。