ロシアのウクライナ侵攻の中東への影響

Print Friendly, PDF & Email

ロシアのウクライナへの攻撃は依然として収まっていません。世界中にその影響が及んでいますが、中東への影響はどうでしょうか。ウクライナからの穀物輸出先のトップ10を見てみましょう。

2020年のウクライナの穀物輸出先トップ10 2019年のウクライナの穀物輸出先トップ10
中国     18億5500万ドル
エジプト   11億2000万ドル
インドネシア  5億4700万ドル
スペイン    5億4300万ドル
オランダ    5億1900万ドル
トルコ     4億7300万ドル
チュニジア   3億4700万ドル
バングラデシュ 3億1700万ドル
韓国      2億8200万ドル
リビア     2億6500万ドル
エジプト   13億1100万ドル
中国      8億5900万ドル
スペイン    7億6500万ドル
トルコ     7億1800万ドル
バングラデシュ 4億2100万ドル
イスラエル   3億1700万ドル
オランダ    6億2400万ドル
インドネシア  5億3800万ドル
チュニジア   2億9300万ドル
イタリア    2億8300万ドル
輸出穀物の量 輸出穀物の量
トウモロコシ 2790万トン
小麦     1810万トン
大麦      500万トン
ライ麦     5000トン
トウモロコシ 3230万トン
小麦     2000万トン
大麦      410万トン
ライ麦   1万3000トン

数値の出所は以下のサイトです。利用させていただきありがとうございます。
ウクライナのマルチメディア報道プラットフォーム
https://www.ukrinform.jp/rubric-economy/3195317-nianukurainano-gu-wu-shu-chu-xiantoppuweiha-zhong-guo.html

このトップテンにはエジプトとトルコ位しかでていませんが、輸出量の多い順ですから他の中東諸国は出ていません。でも、それぞれの国の穀物輸入量全体の中でウクライナからの比率は非常に高いのです。ですからレバノン辺りではロシアとウクライナで80%とかの高い比率になるはずです。ウクライナだけ採り上げましたが、ロシアも小麦の輸出大国です。当然中東にも影響がでているわけです。

私たちはエネルギーのことが一番大切のように考えがちですが、食料品が大事なのは当然のことですね。早く戦争が終わらないと、色々な面で大変なことになるってしまうでしょう。コロナ同様に早く終わりますように。

 

コメントを残す