ズール・ハーネを知ってますか?

Print Friendly, PDF & Email

イランの国技的な存在のズール・ハーネを知ってますか? アルファベット表記なら Zurkhaneh;と書くのでハの音が喉を擦る音になります。ペルシア語表記は زور خانه‎ となります。khanehとは「家」、zurとは「力」という意味です。文字通り訳せば「力の館」とでもなるのでしょうか。そこでは力自慢の大きな男たち、まるでプロレスラーのような男たちが身体を動かしているのです。一種のスポーツです。私はズールハーネのことを詳しく調べたわけではないので、素人目でみたことを述べることしかできませんので、間違っている点があればお赦し願いたい。

上半身が裸で、パジャマのようなパンツをはいて、ハードな筋トレのような運動をグループでやるのです。建物の中に、極端にいうと日本の相撲の土俵みたいな場所があり、そこで飛び跳ねたり、腕立て伏せのような動きをしていました。大きな戸板のようなものを持ち上げて、操ったりするのもあったように思います。が、一番ポピュラーなのは大きな木のこん棒のようなものを両手にもって振り回すのです。

この写真のような形のものです。これは土産物として私が買ったミニチュアですが、実際のものは5キロ、10キロ、20キロぐらいのものも扱っているかもしれません。

会場にはイスラム・シーア派のイマーム・アリーの肖像画が架けてあったりします。ですから、選手(?)が入場してくるあたりは、宗教的な雰囲気が漂います。アリーはスンナ派では正統カリフの4人目ですね。スンナ派と異なり、イランのシーア派ではアリーの肖像画をよく見ることがあります。

ここまで書いてきましたが、これ以上詳しく書くのが難しくなってきました。なにしろ、本物を見たのは遠い昔のことなので、すらすら綴れません。そこでユーチューブなら何かあると思うので、探すことにしてみます。

今日はこれにて失礼します。

0

コメントを残す