アケメネス朝ペルシア創設者キュロス大王の墓

Print Friendly, PDF & Email

前回、キュロス大王がユダヤ人を解放したと述べた。彼はアケメネス朝ペルシアを建国し、パサルガダエで新しい都の建設を始めたのであった。しかしながら、この都の完成を待たずしてキュロスは戦士した。というもののここには建設された宮殿などの遺跡が残されている。その後、都はスサやペルセポリスに移るのである。ここで最も有名なのが上の写真の背景である。キュロス大王の墓である。私の身長が丁度第一段目ほどであるので、高さは私の身長の8倍から10倍程度でしょうか。次回からアケメネス朝の歴史になります。

0

コメントを残す